釣的動画トップはこちら・・ 気になるお天気はこちらから御確認下さい!
宮城県は南部に位置する白石市、白石川は七ヶ宿ダム下流通称「町裏」緑地公園駐車場からの映像です。
「おら~背掛かりだど~!」、のっけからのドアップは、がまかつの池田正義さんなのであります。
解禁7/1日の白石川は・・・

 天候は雨にもかかわらず、
釣る方で30匹、型の方も最大25センチという
情報をフィッシャーマン釣具館様から
頂いておりましたが・・、
 それからの晴天続きで、苔の具合が気に
かかっておりました。

 白石川は大鮎の川なのであります、
何故なら苔の付き方がハンパじゃない、8月を迎える頃には尺鮎が
見込めるのですぞ!。

 まずは今年初の白石川をレポートする前に
フィッシャーマン釣具館

日釣り券とオトリ鮎を・・・。
ここで、池田正義の使用ロッドと掛け鉤の紹介
生まれ変わった「パワースペシャル」が
瀬釣りの常識を覆す、
がま鮎.パワースペシャル引き抜き早瀬ライト9m

 鮎竿で最も長い時間負荷が掛かかるのが
トップ〜#3に掛けてのロッド先端部、
そこに従来の縦と横のカーボン繊維に
PCS(パワークロスシステム)を組み合わせ
、今までのパワーSPシリーズでは実現できなかった、究極の釣り味を実現!。
特にトップ〜#3に負荷の掛かる、オトリ操作と鮎が水面を切った後のコントロール性能は抜群!。

また、負荷が胴部分に入るときにも竿先がネジレにくいため力がスムーズに伝達します。
パワーSPシリーズの伝統的な胴調子を引き継ぎながら先調子ロッドのような操作性能を実現しました。
高靭性素材T1-競技SP
 OF(早掛け)タイプ

短めに設定した超尖鋭鈎先と
「ナノスムースコート」が生み出す早掛かりと高貫通力により、追いの弱い野鮎も触れた
瞬間に抱え込むように刺さり込みます。
トロ場から早瀬での小型・中型の数釣りに
最適です。

 DF(キープ)タイプ
長めに設定した超尖鋭鈎先と
「ナノスムースコート」による高貫通力が
、鈎先に触れた野鮎を確実に捉え、
シワリ形状が鮎に深く刺さり込むことで
掛けた野鮎を逃しません。
掛かる野鮎の数が少なく、掛けた野鮎を確実に獲りたい競技会では
最高のパフォーマンスを発揮します。
池田氏のコメント:引き抜き早瀬ライトと言っても十分なパワーがあり、先調子で操作性も抜群!、
掛け鉤の「競技SP」OFとDFの使い分けで望むと、バラシなく「入れ掛かりの序曲」を作り出すきっかけとなるでしょう。
それでは早速、駐車場目の前からスタート!
池田氏の目は・・・ 対岸の際筋に注がれる、・・際の草に気を付けてノーマルの引き釣り 速攻、一発で「オラ~乗ったゾー」!
「結構いいぞ~」 フワッと空中へと・・・
得意の引き抜きは華麗に決まるのであります、幸先の良さを感じますな~!
「こりゃ対岸の際筋は竿抜けだ~!」と、二匹目の取り込み、・・・ここまでくれば取材班も竿を出せますな!
暫らくすると、取材班の下流から「ヨッシャー」と池田氏の声が、竿をためて・・腰をおろし、引き抜き~!、ムムムこれは入れ掛りの予感!
さぁ、調子づいた池田氏は上流部のガンガン瀬の瀬肩から釣り下る戦法をとるようです!。
「ヘヘヘッ、いいとこ見つけちゃったよ~ん」 「ここだ!ここ」と、やはり際の流芯を攻めるのであります。
はい、ここから「入れ掛りタイム」スタート!、動画ならBGMが聞こえてきそうな場面です。
「オラ、オラッ型いいよ~」、早瀬タイプでこの荒瀬から20センチ級をいとも簡単に・・・・と、タモ入れ失敗で~す!(大笑い)
そこで取材班も「泳がせ釣り~」と、やはり対岸の際筋をジックリと攻めてみることに・・・、「ナハハ・・、入れ掛り~!」、型は平均17センチ、あっと言う間の20匹アップ!「こりゃ~一雨来れば今年の白石川は・・・イヒヒ」とほくそ笑むのであります。
「イヒヒ~、ほら背掛かりだ~」、「ハイハイ判っておりますよ池田さん」、という事で、午後四時納竿で池田さんは私の倍は釣っておりました、めでたしめでたし。
がまアユのお求めはこちら
白石市・フイッシャーマン釣具館
動画閲覧にはMicrosoft社Windows Media Player9以上をインストールされた環境が必要です。
"釣的動画"で配信されている全ての動画はDVDとしてお買い求め出来ます。
尚、前編後編の二部構成コンテンツは前編後編合わせてのDVD変換にての納品となります。
「動画購入のお問い合わせ」 
Copyright (C) 2003 釣的動画 All Rights Reserved.