釣的動画トップはこちら・・ 気になるお天気はこちらから御確認下さい!
 ポイントの話
 さすがに三陸、リアス式の海岸線らしく、岸際を流しているにも係らず水深60M以上、透明度は10メートル以上、景色の良さと水の綺麗さでテンションは上がりっぱなしの取材班なのであります。
広進丸(こうしんまる)
船長の川畑 純さん
出船前にママス(サクラ鱒)の
ジグに対するヒットイメージを
これから挑戦するジガー達に
「アタリがあっても合わせてはダメ、ママスは最初シッポで叩くので
我慢が大事、次のグイーンまで
待って下さい」と、
静かにレクチャーするので
あります。

←Return
釣的動画取材番組
ジギングのススメVol.1

岩手県大船渡市三陸町
崎浜漁港
 取材決定の話
 この時期の東北地方の太平洋側のジギングと
言えば、深場で産卵を終え、浅場でメロードなどの小魚を狙う「真鱈」が主でありましたが・・・、
「今年からサクラ鱒やりましょう!」
と言う菊田釣りセンター仙台店の丹野店長からの
ご提案!
サクラ鱒は河川での釣りのイメージが強いのだが
 青森県や岩手県では意外とポピュラーな釣り物らしい・・・、船べりに銀鱗を散りばめながら上がってくるサクラ鱒に思いを馳せる取材班なのであります。

まずは三陸町の自然を海上から・・・
ため息の出る景色、春の越喜来湾沖
使用ジグ
「Top Range-TAIMETAL 70g.80g」
マダイに使うメタルジグだが、このフォルムが
鱒ジギングでも威力を発揮する。
使用ロッド
「Top Range-Renge Stick TAIMETAL70Bti」
こちらもマダイジギングの専用ロッド、
この釣りには繊細さが必要。
開始早々ヒットしたのは
ベストコンディションのアイナメ、
20m巻き上げでヒットは活性の良さが伺える。
本日の鱈のアタリは中盤から頻繁に!
大きさは体長60センチの2キロサイズ
産卵後の回復した魚体。
サクラ鱒の一夜干し
凍らせてルイベ(刺身)で食べるのも結構ですが、
丹野店長オススメは何と言っても「一夜干し」
釣りで疲れた体にムチを打って、釣り上げたその日に三枚におろしサッと塩を振る、
そして名前のごとく朝まで吊るし・・寝てる間に旨みが凝縮!
晩酌まで待てないというお方は朝食で・・でも、是非我慢して冷酒とともにお召し上がり下さい。
釣り上げた鱈には捕食したメロウドが! 釣り人には夢のようなロケーションでヒット
初めてのサクラ鱒 スマートなボディ、特有の回転で巻きつくテグス
抵抗する銀鱗! 鱒ジギングのポイントはフック、細軸でストレート
手にしたサクラ鱒は二尺に近い幅広!
これから川を遡上する為のエネルギーが蓄積!
この笑顔が全てを物語る
釣り人の至極のひととき。
丹野店長、シャクリの途中で当たったものの・・・
結末は動画でご確認下さい。
サクラ鱒の小さなウロコを捉えられる
刺さりが良いハリが必要!
今回の見所・・・真鱈の中から引き出すサクラ鱒、鱈とのアタリの違いを明確に感じられるかが肝、船長のつぶやきに耳を傾けろ!
釣的動画がこだわりの釣りを追及する特設ページ
「スロージギング」
東北のスロージギングの
第一人者「吉田 博史」、
塩釜港の漁安丸に乗船!
東北のスロージギングを
彼に見せてもらおう。
東北のスロージギング幕開けを応援する為に関東からの
応援団がやってきた!
ダビキジャパン軍団登場!
為になる理論と
実釣で見せる正解!
動画閲覧にはMicrosoft社Windows Media Player9以上をインストールされた環境が必要です。
"釣的動画"で配信されている全ての動画はDVDとしてお買い求め出来ます。
尚、前編後編の二部構成コンテンツは前編後編合わせてのDVD変換にての納品となります。
「動画購入のお問い合わせ」 
Copyright (C) 2003 釣的動画 All Rights Reserved.