スロージギングとは?と、頭をかしげる人も多いが・・・、スロージギングに決まった定義は無い・・、軟らかい竿でゆっくりシャクるのがベースとなるのだが・・、テクニック的にスローピッチジャークを意識すると 尚おもしろくなる・・・スローピッチジャークジギングの発展性に大いに期待しよう。
スロージギングとは?と、頭をかしげる人も多いが・・・、スロージギングに決まった定義は無い・・、
軟らかい竿でゆっくりシャクるのがベースとなるのだが・・、
テクニック的にスローピッチジャークを意識すると 尚おもしろくなる・・スローピッチジャークジギングの発展性に大いに期待しよう。
フォールで食わせる・・故に、ジグの形状と設計の緻密さが重要なファクターとなる。
山形県在住:ルアーショップ
「YOSHIDA SELECT」
吉田 博史
"エバーグリーン"プロスタッフ
東北を代表するバスプロの一人、
ソルトにも通じ、宮城県塩釜に、
ルアー船を 営業中!

 スローピッチジャークの生みの親は「エバーグリーン」プロスタッフの佐藤統洋氏であり、比較的スローなテンポで釣って行くジギングを一般的に「スロージギング」と総称し「ショートピッチジャーク」は「スロージギング」というカテゴリーの中のひとつのメソッドということになる。
 比較的多いヒットパターンとしては、フォール又はシャクリの途中で、感じていた重さがノーテンションになるか、ラインが落ちて行かなくなった時、又はシャクリのリズムに違和感が感じられたときが合わせのタイミングとなります。
重要なラインシステム!
 狙う魚種や地域によっては水深が200Mを超すポイントでのゲームとり、より細く強いラインが必要とされる、リーダーもしかり、根魚攻略にはコスレに強いリーダーが不可欠なのである。
吉田博史のラインシステムは
塩釜港のスロー船
YOSHIDA SELECT
えびす屋丸
漁安丸
←Return
 スローピッチジャークでは、ジグの初速を可能な限り早め、立ち上がりからジグを水平に回転させる事が効果を生みます、約1秒間に1回というスローなテンポでひとシャクリハンドル1/3回転・1/4回転という20〜30センチのリトリーブでジグを真横に向け、短い移動距離で確実にジグを操り口を使わなかった魚に新たなアプローチを行う事が出来ます。
←Return
 フォール又はシャクリのフォール時で魚が咥えた場合、慣れないと次のシャクリで重みが乗る事になるので追ってきてのバイトと勘違いしますが、あくまでもフォールでのヒットですので糸の弛みとシャクリの違和感に注意!
LINE PE JIGGER8HG:2号
LEADER 松田スペシャル競技
 BLACK STREAM::8号

Microsoft社Windows Media Player9以上をインストールされた環境が必要です。
運営 お問い合わせ
Copyright (C) 2003 釣的動画. All Rights Reserved.